低能ビジネス化した湾岸タワマン開発

人気映画シリーズ「男はつらいよ」で、寅さんの名セリフに
「それをいっちゃあおしめえよ」というのがあります。
まあ「身もふたもない」みたいなことですね。
しかし、世の中にはそれをいいことにおかしな価値観や
習慣がまかり通っていることも多いですね。

最近、城南エリアの現地調査をしました。
世田谷区は局地バブルが崩壊しつつあります。
既存物件は値引きと価格調整(値下げ)が目立ちます。
現在は販売26物件中11物件が完成在庫。
2018年3月末までに、あと6物件が竣工します。
このまま完売物件が出ないと、2018年3月には
販売中物件の3分の2が完成在庫になります。
異様ですね。

世田谷区や目黒区、渋谷区には感じのいい住宅地があります。
そういうエリアはだいたいが第一種低層住居専用地域。
これは「良好な住環境を守るため」に定められて規制区域。
厳しいところでは、建物の高さ制限が10メートルです。

つまり、建築基準法の立法精神では「良好な住環境を守るため」
には、建物は高くない方がいい、ということなのです。
世の中にはタワーマンションと呼ばれる高さ60メートル以上の
住居用建物がゴロゴロと存在しています。
ああいう建物は、規制の厳しい第一種低層住居専用地域では不可能。

つまり、タワーマンションが建っているのは、
行政が「良好な住環境を守るため」という価値から
除外したエリアということができます。
逆にいえば「良好ではない住環境」を黙認した地域。
そういった場所にしかタワーマンションは建てられない、
ということになってしまうのです。

湾岸の埋立地なんて「良好ではない住環境」でOKの典型エリア。
いってみれば、そういう価値観で規制ができています。
まさに「それをいっちゃあおしめえよ」の世界ですね。
だから、この世の中でそれを言うのはごく少数。
私はその少数の中の一人です。

世の中、「キレイゴト」が多すぎますね。
きちんと現実を見極めて、それを語る人が少なすぎ。
「平和憲法を守れば日本は戦争に巻き込まれない」
こういうアホな主張を唱える人と
「湾岸エリアはこれからますます発展する」
などということを真面目に語る人は、
私から見れば「キレイゴト」を信じるアホでしかありません。

現実というのは、残酷です。そして、容赦がありません。
この日本の平和を70余年にわたって守っているのは、
憲法9条ではなく日米安全保障条約です。
尖閣諸島を軍事的に奪われないのは、アメリカが
「尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲内である」
と、度々明言してきたからです。
でなければ、とうの昔に竹島と同じ状況になっていたでしょう。

勝どきと晴海を除いた湾岸エリアは、
東京オリンピック以外に好材料が何もありません。
そして、オリンピックは短期間で終わってしまいます。
人々は、どうして終わった後をイメージできないのか?

日本の人口は自然減が40万人に達しました。
2025年には東京でも人口が減り始めます。
2030年には住宅需要である世帯数も減り始めます。
そうでなくても増えているのは高齢者世帯だけ。
若年世帯は減少に入り始めています。

そんな中で、住友不動産は湾岸埋立地である江東区有明で
「シティタワーズ東京ベイ」という1539戸の
タワーマンションを販売しています。
坪単価は軽く300万円を超えて、その半ばでしょうか。
また、それを買っている人がいるのですよ!
私から見れば正気の沙汰とは思えません。

江東区の有明には有明コロシアムという施設があります。
いろいろなイベントが開催されるので、東京圏に
住んでいる人は誰しも一度くらい行ったことがあるはず。
ほとんどの人が、あの不便さと荒涼な風景に唖然と
させられて帰ってきます。そして有明が嫌いになります。
豊洲にはららぽーとがあるので、訪れた人も多いはず。
しかし、有楽町線しか使えないので、これも辟易。

なぜ、あのエリアで多くの五輪競技場が設営されるかというと、
単純に東京都が自由にできる土地が多いから、というだけ。
確かに、五輪で注目を集めれば不動産の資産価値的には
好ましい影響をもたらします。現にそうなっています。
しかし、頼みは五輪だけの状態ですね。
なぜ、誰もそのことに気が付かないのか。

東京はこれから萎んでいく街です。
日本のほとんどの地方都市が収縮中です。
コンパクトシティ構想は、ほぼ失敗しています。
今後、日本は「縮む都市」問題に取り組まねばなりません。
その最も深刻な都市が東京なのです。

多摩ニュータウンや港北、千葉ニュータウンを
今後どういう風に始末していくのか?
住民が高齢化して建物は老朽化するマンションをどうするのか?
そんなときに未来の大問題になることが必定な
湾岸埋立地に大規模タワーマンションを作って
「どないするのん?」と私は憂いています。

東京も、日本人も、量的にはこれ以上の住戸を
必要としていません。現に空家だらけ。
住友不動産は日本全国でいったい何戸の完成在庫を
抱えているのでしょうね?
最近の決算短信ではなぜか完成在庫の数を
公表しなくなりました。なぜでしょう?

2017年もいよいよ押し迫りました。
2018年、北朝鮮さえ発火しなければ平穏なはず。
マンションの大暴落なんてありませんよ(笑)。
しかし、マグマは確実に溜まっていますね。

高円寺駅徒歩4分、資産価値安定の眺望住宅


1月20日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:1月20 日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

1月20日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は2組様。
待ち時間はゼロでしたが
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ


2017/12/28 18:56 Comments (2)

2 Comments

奏子さん、こんにちは。

奏子さん、いい言葉のセンスもっていますね。
大いに笑わせてもらいました。

物事というのは、他人がどう考えるかよりも
自分でどうなのか、ということが基本。
他人の目ばかり気にすることは、
自分を生きていないということ。
そういうことに気付かないアホが多すぎます。

不動産の売買には、その人の人間性が出ます。
面白いですね。
奏子さんは基本的にお上手で手堅い。
またゆっくりとお話しましょう。
メールしますね。

よいお年を 榊淳司

2017/12/29 15:35 | by Sakaki Atsushi

こんにちは。
毎日届くスミフDMに書かれた物件キャッチコピーを
心の中でもじるのが日課になっております奏子です。
榊さんのブログからもネタいただいてます(笑)

ex.
「光景となる象徴」
→「スラムとなる湾岸」

「まだ、誰も知らない世界」
→「まだ、誰も知らないフリ(五輪後)」

「その煌めきに、誰もが心を奪われる」
→「その営業に、阿呆が金を奪われる」

「世界に誇る、日本の美意識」
→「世界に見栄張る、日本の新築信仰」

話題のスミフ東京ベイでやってたトンデモ営業も一丁。

「東京には1千万人以上住んでるけど、ここに住めるのは
たった1539人、選ばれた1539人なんですよ!」
→1539人(世帯だろ)も選ぶの大変ですね。

「この物件がコケたらウチもコケます(きっぱり)
運命共同体になってくださいよ〜」
→貴方達だけでコケてください。

「担当替わりました、ご希望のお部屋ご案内します!
だからまた来てください(留守電)」
→担当替わったって物件も私の意思も変わりません。

「来場キャンペーン!今なら楽天3000ポイント(DM)」
→バラ撒きスタートですか。

私は変人なので、湾岸タワーにも一度は住みたいな〜と。
その時は不良債権持たないよう賃貸が良いでですね。
でも家賃高過ぎてこれまたアホらしい→や〜めた。

…自己解決したところで(←)
結局今の自宅が気に入っている私は運が良いです。
北のミサイルが飛んでこないことを祈りながら
もう暫く住み続けることにします。

来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を!

2017/12/29 11:54 | by 奏子(Kakako)

RSS feed for comments on this post.


Leave a comment

※こちらへ書き込みいただいたコメントは、承認後全て表示されます。
マンション購入に関する個別相談等こちらへ表示させたくない場合は、
専用フォームからお願いいたします。