湾岸タワマン懐疑派に市民権はアンチのお陰

私はもう10年以上前からタワーマンションに対して
懐疑的な見解を世の中に発信し続けています。
10年前は、そんなことをしているのは私ひとり。
「変わったオッサンがおるで」という扱いでした。

最近、「タワマンてどうなん?」というスタンスは
かなり有力な市民権を得ていますね。
というか「賢い奴はあんなものには住まない」という
風潮さえ感じられるようになりました。ええことです。

昨日、売却相談会をしたらタワマン住民が来られました。
ものすごーく賢そうなご夫妻。まあ、相談はいいとして・・
ご主人に「もしかして東大ご出身ですか?」と
冗談っぽく聞いてみたら「いやいや田舎者ですから」
と言った後、「だから湾岸のタワマンに住んでいます」。

私が常々、湾岸のタワマンに住む人々の属性は
「ニューカマーのプチ成功者」と書いてきましたが、
多分その通りの属性のお方だったような気がします。
あけすけに言えば「田舎者のチョイ高給取り」。
まあ、8年くらい前は安月給サラリーマンでも買えましたが。

湾岸タワマンに対するそういったちょっと揶揄する
見方が広まったのは、私がしつこく言い続けたというより、
無理くりそれを擁護する言説が振りまかれた
ことへの反作用も大きいと思います。
韓国人が世界中で日本人の悪口を言い回ったら、
結局自分たちの浅はかさの方が目立ってしまった、みたいな。

湾岸のタワマンにはそういった韓国に似た気質の方も
数多くお住まいになっているような気がしますね。
昨日お見えになったご夫妻は、全然違いましたが。
タワマンは素晴らしい、と叫んでも賢い人には響きません。
そういう単純な常識を分からない人が、とても韓国的。

ちょっと話が変わりますが、中国や韓国がここのところ
外交で稚拙なことばかりやらかしていますが、
なぜなのか・・・と考えてしまいます。
もう少し大人の対応ができないものか、と思うわけです。

しかし、中国や韓国には欧米の白人や日本人に対して
根深いコンプレックスがあります。その反発として
ああいう単純な強がり外交をしてしまうのでしょうね。
そこにはちっとも「大人」を感じませんね。

むやみに「湾岸」や「タワマン」を擁護しようという
人々とも共通したメンタリティではないかと思いました。
結局、私が唱えてきた「湾岸タワマンしょーもない」
というテーゼが世間に広がってしまいましたから。

中国人や韓国人はとっても面子を大切にします。
この前のGSOMIAの失効凍結の件にしたところで、
韓国サイドには「負けた」という声がありません。
凍結発表前は「破棄に賛成」が51%だったのに、
発表後は過半数が「文在寅政権の判断に賛成」です。
お前ら、いったいどっちやねん? といいたい(笑)。

なぜそうなるかというと「負けを認めたくない」精神。
それしかないのではないでしょうか。
日本人の多くは、「合理的」ということには賛成します。
なぜなら、日本はサムライの価値観が行き渡った国。

サムライの価値観とは、究極は強いか弱いか。
強いものは勝つから正しいわけですよ。ここは合理的。
負けたら、なぜ負けたのかを考えて、次は勝てるように
準備をするのが合理的な考え方ですね。

負けても負けを認めないと、また負けますよ。非合理。
湾岸のタワマンは、総じて「負け」ていますね。
勝どきの一部は勝ち組ですが、江東区はほぼ負け組。
シティタワーズ東京ベイなんて、どうするのでしょう?
晴海フラッグも、私の動画を気にしているようでは負け。

負けていても「負けていない」と言い張るのが連中。
韓国人と実によく似ています。同類やろ、お前ら(笑)。
湾岸のタワマンはいずれヤバイことになります。
まあ、最悪は25年くらい先かもしれません。
私はもう生きていないでしょう。知らんけど(笑)。

武蔵小杉のタワマン浸水被害からもう50日以上。
メディアの「タワマン叩き」が収まりませんね。
タワマン住民は、よほどに「ザマア」の対象です。
私自身、「こんなに」と思うほどなのですよ。

湾岸タワマンのみなさん、お気を悪くなさらないように。
ただ、あなた方の隣人たちが騒いだことで、とっても大きな
反作用を引き寄せたことも事実です。
拙著を読んでください。「限界のタワーマンション」。
そして、なるべく早く売却して転居すべきですね。

2020年1月18日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して約4年。
すでに十数物件、総額10億円近い相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:1月18日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

当日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は4組様。
多少の待ち時間が発生しました。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ


2019/11/30 23:54 Comments (0)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.


Leave a comment

※こちらへ書き込みいただいたコメントは、承認後全て表示されます。
マンション購入に関する個別相談等こちらへ表示させたくない場合は、
専用フォームからお願いいたします。