マンションレポート最新情報 【全て見る

J.GRAN THE HONOR 下鴨糺の杜、 イーグルコート御所南 柳馬場二条の資産価値は? 榊淳司の資産価値レポート010 京都市の全1…続きを読む

価格3,790円

シティタワー所沢クラッシィ、 ルピアグランデ浦和美園の資産価値は? プラウドタワー川口、 SHINTO CITY(シントシティ)は? 榊淳司…続きを読む

価格2,590円

ミハマシティ検見川浜、 幕張ベイパーククロスタワー&レジデンス、スカイグランドタワー、 ソライエ流山おおたかの森、 シティテラス習志野大…続きを読む

価格3,390円

ブリリアシティ三鷹、 プラウドシティ武蔵野三鷹の資産価値は? ザ・パークハウス 国分寺四季の森、 ハルミフラッグは買っていいか? 榊淳司の資…続きを読む

価格6,490円

MID TOWER GRAND、 SHIROKANE The SKY、 ローレルタワー ルネ浜松町、 プラウドタワー武蔵小金井クロス他 榊淳…続きを読む

価格3,190円

パークコート渋谷 ザ タワー 、 パークコート文京小石川 ザ タワー、 MID TOWER GRAND、 ブランズタワー豊洲の資産価値は? …続きを読む

価格12,900円

シティテラス金町、 ソライエ葛飾小菅、 シティテラス金町の未来価値は? 榊淳司の資産価値レポート049 葛飾区・総集編 【2019年8月改訂…続きを読む

価格2,190円

  榊淳司の資産価値レポート036 小岩・新小岩・平井 全4物件【2019年8月改訂版】 2018年夏からJR「小岩」駅が最寄りの…続きを読む

価格1,980円

リビオシティ西葛西 親水公園が販売中。 ルピアコート西葛西、 バウス西葛西清新町、 プレシス瑞江パークサイドコートの資産価値は? 榊淳司の資…続きを読む

価格3,190円

リビオレゾン上野、ザ・パークハウス 浅草、 ルフォン蔵前ザ・レジデンスは買いか? クレヴィア上野池之端は? 榊淳司の資産価値レポート041 …続きを読む

価格4,980円
榊 淳司オフィシャルブログ

橘玲さんの書いた何かの本で読んだ記憶がありますが、
日本人の3分の1は日本語の普通の文章が理解できないとか。
まあ、納得はできますね。
もっと言ってしまえば、きちんと意味が伝わり、
間違いの少ない日本語の文章を書ける人は1割未満でしょう。

私のところにはいろいろなメディアの人が取材に来ます。
ライターさんであることがほとんどですね。
彼らはゲラ段階で「チェックしてください」と
原稿を送ってきます。時々、腰を抜かしそうになります。
「あんた、ホンマにライターでっか?」

私は23歳からずっと、日本語を書くことが仕事です。
ここ10年は人前やカメラに向かって日本語で
何ほどかは意味のあることを話すことも仕事になりました。
「日本語を大事にしたい」と、心の中で思っています。
その割には時々下手くそな英語を使ったりしますが(笑)。

日本語の文章を書くことは、人によっては難しいこと。
2000字くらいの断れない原稿を依頼されたことで、
締め切り前にやっと仕上げるまで何日も
ご飯の味が分らないくらい暗い気分で過ごしたという、
優秀なお医者さんを私は知っています。
その方、決して文章は下手ではありません。お上手。

私は小学生の時に作文が大嫌いでした。小学校の
卒業文集も半分担任のバカ教師が書いた文章が載っています。
それほど嫌い。でも、いまはそれで飯を食っています。
なぜ嫌いだったかというと、恥ずかしいから。

自分で文章を紡ぎ出すということは自分の内面を
さらけ出すようなものだと思っていました。早熟。
それがなぜか中学生になると小説まがいのモノを書いていました。
なぜそうなったのか。今から思えば答えはあります。
ある程度思い通りの文章を書けるようになったから。

考えていることを文章に置き換えることが
できるということは、ある意味で自由を得たのと一緒。
空を飛びたいと思っている人が羽根を得たようなもの。
ちょっとオーバーな喩えですか。でなければ、
「こんな風に表現したい」と考えているバレイダンサーが
思い通りに身体を動かせるようになったようなもの。
ちょっと大げさでしょうか。

文章をすらすら書けるようになるということは、
そういったことに近い、と私は思います。
そして、私にわせれば、これはかなりハードルが低い。
つまり、言い方によっては「誰でも」可能。
せいぜい宅建士に合格する2倍程度の難易度。
その辺でウヨウヨしているような人でも可能です。
だから、何でもない人がライターをやっています。

ただ、その中身の問題も多少あります。
ピアノを弾ける人はウジャウジャいますが、
きちんと表現できる人はごく少数でしょう。
同じブラームスを聴いて、ピアニストの演奏と
その辺のピアノが弾ける人が弾いたのとの差は、
少し耳が肥えた人ならすぐにわかりますね。

文章も同じで、上手下手の見極めは、ちょっとした馴れ。
私は編集者から「文章がなってないので書き直してください」
なーんてただの一度も言われたことはありませんが、
トーシローさんからは「榊は文章が下手すぎる」と
ご評価いただいたことは何度もありますよ。
まあ、文章というよりも、書いてある内容が
気に入らない方のご評価かもしれませんが。

しかし、少なくとも文句を言った方が私の文章を
読んでくれたことは確か。文章を読めない3分の1に
属する方ではない、と推測できます。
めでたし、めでたし。

最近、1日に何本も動画を作ってユーチューブに上げます。
作ると言っても、カメラの前で私が世間話をして、
それに簡単な編集を加えるだけ。喋るのは1本7分前後。
準備や編集も入れて1本の制作時間は15分から20分。
それが1本で何十万回も再生されるものもあれば、
数百回程度で止まってしまうものもあります。
まあ、最初のうちは「数撃てば当たる」方式。
最近は少し要領が分ってきました。

そこで思ったのは、このブログでウニャウニャ書くよりも
ユーチューブに動画を上げている方が、
よほどに影響力が強いのではないかと。
しかも、広告料まで稼げます。言うことなし。

このブログにしたところで、読んでいてお分りでしょうが
ただの世間話、の域を出ません。
もうウタラクタラと10年以上も続けています。
世間話のいいところは、ネタが尽きませんね。
いつまでもダラダラと続けられます。

そして、動画のいいところはブログよりも
手間暇かかりません。だって1本20分弱ですよ。
このブログ、1本書くのに40分から1時間はかかります。
しかも原稿料はほぼ出ません。わずかな広告収入のみ。

日本人の3分の1が日本語を読んで理解できないのなら、
多分このブログは日本人を日本語能力で分別して、
上から3分の1くらいの人までにしか分からんでしょ。
その理由はまず、このブログに権威はなにもありません。
私は無名の物書き。ありがたみがありませんね。
そういう文章を普通の人は読みに来ません。
それに、書いている内容がある程度偏っています。

これをわざわざ読んで理解するには、
その辺のネットメディアや雑誌の一般的な記事を
読むよりも、うんとこさモチベーションが必要。
しかも、この私のやや癖のある文章を読みこなさねばなりません。
日本語能力はもちろん、ちょっとした忍耐と寛容さ、
さらには面白がる知的能力も必要ではないでしょうか。

どういうわけか、お会いする読者さんはみーんなインテリ。
少なくとも、私が高校までの学校生活で出会ったどの教師よりも
賢い人ばかりだと思います。もちろん、お医者さんや
弁護士さんやパイロットや大学の先生とか、
そういう肩書だけで「カシコイやん!」と分かる人も
大勢いらっしゃいました。そうでなくても、
みんなビックリするくらいクレバーですよ。
職業やお勤め先が分ると「ふーん」と納得できます。

しかし、日本人の3分の1が正確に日本語を読み取る
能力がないのなら、あの学校教育は何なのでしょう。
その日本語が読めない3分の1の方々は、
小学校教育だけで十分ではないんかいな、と思いますね。

そういう方をそのあと6年もの長きにわたり、
毎日8時間以上の時間を低能な教師が指導する
学校というシステムに縛り付けておくのは
社会の大きな損失のような気がします。
義務教育は6年に戻すべきではないでしょうか。

そのあとの6年間は希望者のみ進学・進級。
到達度に合わせた学校や教室で学べばいいでしょう。
学費はすべて無料。さらに、希望者は大学へ。
上位2割くらいの学費はすべて無料でいいと思います。
大学教育を受けたくても上位2割に入れない、
という方は学費を払って進学すればいいのです。

ちょっと残酷な話をします。
上位2割を分かりやすく言うとマーチ。そこは無料。
それ以下の日東駒専は有料となります。
まあ、ヨタ話ですからカッカしないでくださいね。

そうすれば、日本社会も分かりやすく階層化します。
下手に平等にするよりも、階層化させる方が効率的。
ただし、下から上の階層へ這い上がるルートさえしっかりと
設けておけばいいと思います。

19世紀初頭、ナポレオンはヨーロッパを席巻。
しかしイギリスのみはナポレオンに一度も占領されませんでした。
なぜなら、イギリスは何よりも海に囲まれていて、
優秀な海軍を持っていたからです。
その海軍も、当時は人手不足で悩まされました。
強制徴募といって、その辺のパブで飲んでいる
若い男を勝手にひっつかまえて水兵にしていたのです。
逃げたら軍法会議で縛り首。酷い話ですね。

しかし、ナポレオン戦争の期間中に強制徴募の
奴隷的水兵から最高位の提督にまで昇りつめた
お方が4人ほどいたといいます。そういう合理主義が
あれば、階層社会の救いになるのです。

2019年9月7日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額5億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:9月7日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

当日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は3組様。
多少の待ち時間が発生しました。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ

 

 



2019/8/22 0:18 | ちょっと脱線 | Comments (2)

アメリカと中国の対立が、ちっとも収まりそうにありません。
まあ、アメリカは中国の台頭を「許すまじ」という
基本姿勢ですから、これは長引いて当然ですね。
しかし、私がつくづく不思議に思うのは中国。
なぜ、アメリカに対抗しようとするのでしょうかね。

かつて日本は1930年代にアメリカと対立を始めました。
しかし、あの当時の日本にはアメリカと対立して、
それを乗り越えて覇権を確立しよう、という野望が
あったとはとても思えません。

もちろん、海軍の仮想敵国はアメリカでした。
しかし、それはあくまでも仮想敵国です。
日本海軍はそのベースが英国海軍です。
アメリカ海軍も同様に、その下地は英国海軍。
日本海軍のエリートはたいてい英米に留学しています。
日本が貧乏国であり、英米海軍に対抗できると
本気で考えていた海軍幹部はごく少数でしょう。

1930年代、日本はアメリカ領だったフィリピンが
欲しいとは考えなかったはず。何もありませんから。
むしろオランダ領のインドネシアや英領のマレーシアなら
欲しがったと思います。資源がありますからね。

日本はひたすら自らの生存権を確実にしたいと
考えていたにすぎません。いずれアメリカとの
戦争はあるかもしれないけれど、
それも生存権を守るための戦いであり、
アメリカを打倒して世界一になろうなどという
野望を抱いていたとはとても思いません。

それでも、アメリカに意地悪をされ続けたので
やむなく戦端をひらいたまでです。
その結果、310万人が死に、国土は焦土と化しました。
その歴史を、中国も学んでいるはずです。

しかし、彼らは間違いなくアメリカを超えて
「世界一」になろうとしていました。
習近平君の掲げた「中国夢」というスローガンは
「俺たちは世界一を目指している」ことの証左。

世界一になろうとすると、現在その地位にいる
アメリカを引きずり降ろさなければなりません。
それは大変困難なことです。
ちょっとやそっとでアメリカに勝てるわけがありません。

なのに、なぜ中国は慌てて世界一という野望を
剥き出しにしてしまったのでしょうか?
そんなことをすれば、アメリカにガツンとやられることは
すこーし歴史に学べば分かることです。
たかだかGDPの総額が追い付いたところで、
そんなのはただのいち指標に過ぎません。

中国という国は、どうやら世間を舐めているのは確か。
お金さえ持っていれば何でもできる、と考えたのでしょう。
アメリカの持つ自由や民主や合理主義や、
はたまた未だに垣間見える開拓者精神を
バカにしてはいけません。けっこう手強いです。

さらに言えば、アメリカには世界中の頭脳が集まります。
それは、ただお金に引き寄せられてくるだけではないのです。
天才にとって居心地が良くて仕事がしやすい環境が
アメリカという国には備わっているのです。

そういった総合的な国力があの国にはあります。
少なくとも、中国にはありません。
中国にあるのはお金と、みなぎる嫉妬心くらいのものでしょう。
一党独裁の抑圧体制は、大きなマイナス面です。

私は日本人だからよく分かりませんが、
中国は19世紀以来の歴史が本当に悔しいのでしょうね。
欧米列強だけでなく、日本にもやられっぱなし。
その鬱憤をやっと晴らせそうになって、焦った。

韓国を見ていても思いますね。
歴史の鬱憤というものは民族の病理となります。
韓国なんて、国民にあれだけ嘘塗れの歴史を教えていても、
鬱憤が張れるどころかさらに酷くなっています。

中国は野望を剥き出しにするのが早すぎました。
あるいは「アメリカに対抗する」などという
発想ではなく、「棲み分ける」という方向性を
表明しながら発展の道を歩むべきでしたね。
しかし、もう遅いと思います。
中国は間違いなく、アメリカに叩き潰されます。

さて、今日上げたややおふざけの動画です。
よろしければ見てください。

2019年9月7日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額5億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:9月7日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

当日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は3組様。
多少の待ち時間が発生しました。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ

 

 



2019/8/20 15:05 | ちょっと脱線 | Comments (0)

8月20日14:58に「榊淳司マンション情報331号 江東区の2物件」 を送信。
を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.co

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、8月に入って2回目の配信でした。
次回は墨田区、台東区あたりの予定です。
ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。※送信は月単位ではなく、手続き完了以後のものからとなります。お申し込み手続き完了時点より遡っての配信は致しておりませんのご注意ください。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

「榊淳司のお奨めマンション速報」


購読料 1ヵ月 1,590円

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ

新しいユーチューブでの動画を制作しました。
ただ、音が小さいのでボリューム上げてください。

 

 



2019/8/20 15:01 | メルマガ発信 | Comments (0)

私の人生は、他人との軋轢の連続です。
私の目の前に見えている情景と、
他の人が見ているそれには大きなギャップがあるのです。
若い時は、そのことを悲しんだり憤ったりしました。

ある時期から、まあ諦めましたね。
それで淡々と生きていた時期があります。
ところが、リーマンショックが結果的に
私の人生に僥倖をもたらしました。

この10年、世間とのギャップは飯の種です(笑)。
他の人には見えていないことを文章にしたり
口に出したりすることでマネタイズできるのです。
インテリジェンス能力というものをありがたく感じます。
これはもう、かなり心地いいですね。

つくづく思うのは「人は見たいものしか見ない」。
そして目の前の見えている事象から
延長線上にある情景しか想像できない、ということ。
さらに言えば、同じ現象を見ていたとしても
人間一人ひとり見えている情景は違います。

分かりやすい話をしましょうか。
私はもう3年以上も前から、都心での
マンション価格の高騰はバブルだと言っています。
経済合理性で説明できないレベルまでに
価格が上がるのは不自然。だからバブル。

しかし、現実には上がってしまっている。
その現実を見ている想像力が欠如した「眼」には
この後に暴落がやってくることが想像できません。
まあ、そうかもしれません。よう分りませんが。

私は小さい時からいつも「次に何が起こるのか」
ということをワクワクしながら考えてきました。
大人になり、馬齢を重ねるにしたがって、
徐々に世の中の仕組みが分ってきました。
そうなると、次を予想するのはかなり楽しいし、ラク。

結局、世の中は「なるようになる」のです。
勝海舟という人は幕末の偉人ですが明治以降も
わりあい長く生きました。いろいろ言い残しました。
株式投資が大好きだったそうです。
彼の名言にこういうのがあります。

上がった相場はいつか下がるときがあるし、
下がった相場もいつか上がるときがあるものさ。

凡人の想像力では今は1億円の物件が
5千万円で取引される情景が想像できません。
でも、その1億円の物件は8年前には
5千万円で売買が成立していました。
過去の情景を覚えていてそれを呼び覚ませる人間にとって
その1億円の物件が5千万円になることは、
実に容易に想像できるのです。しかし、凡人には無理。

私は長らくそのことが不思議で仕方ありませんでした。
だってあなた、5千万円の時のこと、覚えているでしょ?
そう問いかけると、たいていの人は
「はい、確かにそうでした」となります。

だったらなぜその同じ物件が5千万円に
なるかもしれないと想像できないのか?
これは実に不思議なことです。不思議、不思議。
目の前の事象のわずかな延長線の先しか見えない。

私から見ると、そういう人間はただのアホです。
私は長らく、そのアホの海を泳いでいました。
今でも、世間の大半のお方は海水と同じです。
だからこそ、多少遊泳術を知っている私が
好きなところに向かって泳げるのでしょう。

5年前、10年前、20年前、30年前・・・
変わらないこともありますが、変わったこともあります。
不動産の値段なんて、乱高下したといいでしょう。
なぜ乱高下したのかもロクに考えずに
「これはバブルではありません」という結論を
出せる人のアタマの構造はどうなっているのでしょう?
単なるパンプキンでしょうかね。

想像力というのは、創造力につながります。
あるいは独創性の基盤になります。
その基本は、「見たくないものも見る」という観察力。
基本は「眼」です。そして咀嚼する能力。

私は常にそこのところが世間との軋轢でした。
前半生は生きにくい人生だったような気がします。
そして、今のところ好き勝手やっています。
何と心地よい日々かと思います。
「変わり者」であることが飯の種になるなんて。
まあ、この暑さと飲み過ぎで体調はよくありませんが(笑)。

2019年9月7日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額5億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:9月7日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

当日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は3組様。
多少の待ち時間が発生しました。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ

 

 



2019/8/16 13:20 | ちょっと脱線 | Comments (0)

8月15日15:39に「榊淳司マンション情報330号 中央区の3物件」 を送信。
を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.co

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、8月に入って1回目の配信でした。
次回は江東区あたりの予定です。
ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。※送信は月単位ではなく、手続き完了以後のものからとなります。お申し込み手続き完了時点より遡っての配信は致しておりませんのご注意ください。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

「榊淳司のお奨めマンション速報」


購読料 1ヵ月 1,590円

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ

新しいユーチューブでの動画を制作しました。
ただ、音が小さいのでボリューム上げてください。

 

 



2019/8/15 15:42 | メルマガ発信 | Comments (0)